江南(蘇州・揚州・鎮江)

大晦日には境内は日本人観光客で溢れているそうだ。

 明代初期に明の武将であった劉伯為が初代皇帝朱元璋の粛清の手から逃れるため、引退後にここに居を定めたことに始まる。   

盤門 呉王の命を受けた大臣伍子胥が、紀元前508年、蘇州城を築城した際に作った水門八門のひとつである。

痩西湖 杭州の西湖と比べて細長い形からこう命名された。舟では京劇の俳優の様な格好をした芸人が音曲を演奏していた。

鑑真 日本へ5度の渡航に失敗し、盲目となってようやく6度目に日本に渡り、仏教の戒律を伝えた。

鎮江の甘露寺 羅漢中の創作「三国志演義」とは知りつつも、興味深く見学した。魯粛の墓だけは本物らしい。

戻る ーー> 次の観光写真 ーー>